若白髪なら染めることで解決【人気の商品をチェック】

白髪の隠し方の多種多様化

髪を傷めない染め方

髪染め

若白髪をどうやって隠すのかお悩みの方も多いのではないでしょうか。
30代後半、もしくは40代だと白髪があっても年齢的に自然と思えるかもしれませんが、若白髪はできるだけ隠したいものです。
そんな若白髪を染める方法をご紹介します。
一口に白髪を染めると言っても、染め方には多様な方法があります。
まずオーソドックスなのは、カラーリング剤で染める方法です。
これにも、ヘアサロンで染める方法とドラッグストアなどで白髪染めを買って自分で染める方法があります。
二つ目は、髪を染めるのではなく塗って隠すタイプです。
これは、目立つ白髪にスティック状やマスカラ状の染料などを塗って隠す方法です。
おでかけ前にさっと塗ることができるので、すぐに白髪を隠したいときに最適です。
ただ、一般的な染剤とは違いますから、あくまで白髪を隠す一時的な方法です。
若白髪が少しだけ気になるという方はこの方法で問題なく隠れるのではないでしょうか。
そして三つ目は、近年増えてきたシャンプーやコンディショナーを使って染めるタイプの白髪染めです。
毎日のコンディショナーを白髪が染まるタイプにして、徐々に日にちを掛けて染めていくタイプのこの方法は、髪へのダメージが少ないため人気が高まっている方法です。
コンディショナータイプの白髪染めには、ノンシリコンタイプもあり、髪へ優しい成分で作られた白髪染めもあります。
また、毎日使うことで徐々に目立たなくしていくため、周囲への印象を突然変えることなく染められるのも人気の理由です。
そしてコンディショナータイプの一番のメリットは「自分で簡単に出来ること」です。
普段髪を洗うのと同じ要領で使用するため、他人の手を借りることなく染めることができるアイテムです。

成分にこだわること

女性

若くして白髪が生えると、精神的に厳しいです。
白髪が生えていると老けて見られてしまうので、染める対策を取ることが先決です。
市販の白髪染めを使用することも良い方法です。
しかし、まだ若いので、髪の毛を傷めない方法で改善していくのが良いでしょう。
その方法が、少しずつ染めることができるトリートメントやシャンプーを使うことです。
これらの商品を使用することで徐々に若白髪を改善できます。
シャンプーとトリートメントの選び方としては、石油系成分を使用していないタイプが好ましいです。
石油系になると髪の毛は綺麗になりますが、後々に頭皮等を傷めてしまうことになります。
好ましいのは、アミノ酸系や若白髪に良い植物成分のみを使用しているシャンプーやトリートメントです。
毎日シャンプーやトリートメントをすることで、少しずつ髪の毛の色を若白髪から黒髪へ変えていくことができます。
好ましい成分としては、昆布やローズマリー葉エキスにカミツレなど、髪の毛に優しい植物成分を中心としたシャンプーやトリートメントを使い続けることです。
シャンプーとトリートメントを重ねることで、少しずつ染めることができます。
白髪染めのような不自然な仕上がりではなく、元々の髪の毛のカラーへ少しずつ近づけてくれるので、限りなく自然に近い染め具合を実現できます。
それに髪質が大人と比べて弱い若い人でしたら、髪の毛と頭皮への刺激が少ない植物由来の優しいシャンプーとトリートメントが適しています。
これらを使用してゆっくりと時間をかけて染めることで、綺麗に仕上げることができます。
また、若白髪だけではなく、髪質も改善できます。

無添加で安全性の高い商品

ウーマン

白髪は30代後半から40代ぐらいの間に多く見られますが、現代は食生活や生活環境が大きく変化しており、不規則な生活や精神的なストレスや栄養不足などが原因で若白髪に悩んでいる方が増えています。
若い20代の場合は白髪が増えてくると実年齢よりも老けた印象を与えてしまうことから、悩みへと発展することが多くなっています。
栄養バランスの良い食事を心掛けたり充分な睡眠を取ることも大事ですが、根本的に治すのは難しいケースが多いといえるでしょう。
側頭部や後頭部、生え際などに白髪が目立ってくると、若白髪は染める必要があります。
髪の毛へのダメージを最小限に抑えたい場合は美容院で白髪を染めるのがお勧めですが、若い20代の場合は収入が少ないことから経済的に負担が掛かってしまいます。
若白髪を染めることで目立たなくしたい方は、インターネット通販で販売されているジェルタイプやトリートメントタイプの商品がお勧めです。
トリートメントタイプの商品は入浴時に適量を使用し、10分から15分程度放置して洗い流すだけです。
トリートメントタイプの商品は無添加で安全性の高い商品が販売されており、とても自然で艶のある仕上がりが特徴です。
若白髪にはコンプレックスを持たれている方が多いですが、白髪染めを使って染めることで若々しい印象になれます。
一方、従来の1剤と2剤に分かれている商品は頭皮や髪の毛に負担が掛かってしまうので避けたほうが良いでしょう。
現代は高品質で上質な白髪染めが豊富に揃っています。